カウンセリングでスピリチュアルなパワーを|精神安定したい人へ

女性

内枠でわかる病気の特徴

双極性障害の症状はどんなものでしょうか

うつ

今は双極性障害と呼ばれている病気ですが、以前は躁うつ病と呼ばれていました。この双極性障害は精神疾患のひとつで気分が落ち込んでいるうつ状態と、気分が高揚しすぎる躁状態を繰り返します。うつ状態は本人にも自覚がありますが、躁状態は気分が良いせいか本人は病気が治ったと思い込んでしまうこともあります。しかし極端な躁状態になると攻撃的になり職場や家庭に迷惑をかけてしまうことがあります。双極性障害には2種類あり、軽い躁状態とうつ状態を繰り返すもの、躁状態とうつ状態を繰り返すものというように、躁状態の激しさによって分けられます。 しかし薬による治療を続ければ、日常生活を送ることは可能です。それには家族や周囲の理解と協力が必要です。

放置したり治ったと自己判断するのは危険

双極性障害の治療に処方される薬は、精神安定薬や抗精神病薬です。不眠が続くようですと睡眠導入薬も処方されます。 又、薬での治療以外にも精神療法が有効だと言われています。本人が日常生活で気を付けるべきことや、ストレスがかかった時の対処の仕方を学んだり、生活のリズムを整える必要性を学ぶことによって躁状態やうつ状態を予防できます。 以上のことからわかるように、双極性障害を本人が正しく理解し薬物治療を行うことが大切です。躁状態の時などに薬をやめてしまう方がいますが、自己判断での中止はは回復を遅らせるばかりではありません。躁状態の時に周囲に迷惑をかけた結果社会的信用を失うことさえあります。家族もこの病気を理解して、躁状態であれば本人に気づかせてあげることが必要です。 治療をせず放置しておくと、発生頻度が高まったり、発生する間隔も短くなってきます。まずは精神科でカウンセリングを受けてみてください。